国分寺市鍼灸接骨院みなみ風 HOME > 各症状と施術例 > 正しい靴の履き方・正しく歩くポイント

各症状と施術例

正しい靴の履き方・正しく歩くポイント

<正しい靴の履き方>
○靴の踵側に自身の踵をつけて、ひもやベルトでしっかり固定。
○靴のひもやベルトは、脱ぎ履きするたびにしっかりと締めなおす。
(面倒くさいかもしれませんが、習慣づけると足のトラブルは明らかに減少します)
○靴の修理、メンテナンスをこまめに行う。

よくある間違った靴の知識
●ヒールがあった方が歩く時に楽なので、ヒールにしている。
⇒ヒールは3㎝以内に。(5㎝だと体重の85%がつま先に行ってしまう)
●足が痛いから、靴は大き目にしている。
⇒靴の中で足が前後に移動してしまい、足先に衝撃・圧迫を受けやすい。
●横幅が広い靴の方が窮屈さがないので、好んで履いている。
⇒足のアーチ(特に横アーチ)が無くなり、開張足(足指の付け根が扇状に広がった状態)となりやすい。
→足の裏にタコやウオノメができやすい。また、外反母趾やハンマートゥなど足のトラブルを招きやすい。
●靴の中底に入れるインソールが嫌い。  
⇒足に合ったアーチサポート(インソール)を使用することで、靴内での足の環境が変わり、
偏平足や開張足、外反母趾などの予防につながり、巻き爪等のトラブル防止にも効果的。

<正しく歩くポイント>
○まずは足にフィットした靴を選ぶ。(正しい靴の選び方参照)
○目線はまっすぐ正面を。
○背筋を伸ばして状態を真っ直ぐに。
○膝を伸ばし、踵から着地する。
○少しだけ大股気味に次の足を出し、最後はつま先で蹴るイメージで。
○あおり歩行を意識してみましょう。

あおり運動.jpg

鍼灸接骨院 みなみ風

〒185-0012 東京都国分寺市本町4-7-5 Lシェイプ1F

アクセス JR中央線 国分寺駅 徒歩3分 責任者 品田 賢一 営業時間 午前 9:00〜12:00 午後 平日 15:00〜20:00 土曜 13:30〜17:00 日曜 13:30〜15:30 休診日 水曜日・祝日・第3日曜日

042-401-0834<予約制>

メールでお問い合わせ

▲ページ上部へ戻る

ご予約はお電話で042-401-0834 9:00~20:00

アクセス

インターネット割引

お知らせ

初めての方は必ずお読み下さい

実際に施術を受けたお客様の喜びの声

学生特別優遇制度

肩こり 腰痛 膝痛 辛い症状でお悩みのあなたへ

トリガーポイント総合療法

巻き爪でお悩みの方

フットケア

万が一交通事故に遭ってしまったら・・・・

朗報です!スポーツでケガをされた方へ!!そのケガは健康保険をご利用いただける事をご存知でしたか?

新感覚の美容法!「美容鍼施術」で内側から溢れ出す美しさを。

施術例

駐車場・駐輪場のご案内

営業時間
午前 9:00〜12:00

午後 平日 15:00〜20:00
土曜    13:30〜17:00
日曜    13:30〜15:30
休診日
水曜日・祝日・第3日曜日
所在地
〒185-0012 東京都国分寺市
本町4-7-5 Lシェイプ1F
アクセス
JR中央線 国分寺駅徒歩3分
電話番号
042-401-0834
責任者
品田 憲一

スタッフブログ