国分寺市鍼灸接骨院みなみ風 HOME > 各症状と施術例 > 安全な足爪の長さと形について

各症状と施術例

安全な足爪の長さと形について

足の爪先は、長く伸ばしすぎても、短くしすぎても(いわゆる深爪)、様々な障害が発生します。

爪が指先の皮膚(爪床)の上に乗っている間は、爪床から水分や栄養を受け取ることができますが、指先を超えて爪先(フリーエッジ)になると、爪床から水分や栄養を受け取れなくなるので爪先は乾燥していきます。乾燥が進むと爪は縮むので、爪先をあまり長くし過ぎてはいけません。(爪先は長くし過ぎると巻き爪の状態が進行してしまいます。
また、足の爪を伸ばしすぎると、爪先が靴の内側に当たってしまい、内出血を生じる場合もあります。
巻き爪ではない人もこのような事が原因で巻き爪になる場合があります。

P3010869.JPG

爪が平坦な方の場合は爪を伸ばしすぎると、爪が靴の中で圧迫を受ける事で横割れが多発します。割れ方によっては危険な爪の形になる場合があります。
爪が割れない場合でも、長期間爪が靴の中で圧迫を受ける事により爪の成長に悪影響を及ぼし、爪に横溝ができたり、分厚くなったりする場合があります。


P3100883.JPG
一方、爪を短く切りすぎる(深爪)ことは、最も良くありません。
爪は根元(爪先より甘皮側)であればあるほど柔らかいので、深爪をすると、わずかな圧力で爪が巻いたり、場合によっては爪が皮膚を刺して膿んでしまうケースもあります。また、爪先が無くなるほど深爪をした場合、歩行により指先の皮膚が上方に持ち上がり、爪は皮膚に食い込んでいきます。
(左図は、当院での「深爪の方」への巻き爪補正器具装着例)


したがって、爪は「適度な長さに保つ事」が一番大切なことなのです。

そこで、当院で行う爪に関する施術の基本となる「適度な爪の長さ」とは、
「指先から1~2ミリ程度後退した位置」と定めています。

各症例 10・18.png


P3020871.JPG

これは、爪を長く伸ばしたり、短く切りすぎたりする事で生じる上記のような問題を極力避けるために必要な「適度な長さ」です。
日本人の足の爪は、平均して1ヶ月に約1.5ミリ程伸びるので、常に指先から飛び出さない位置をキープするように定めています。これは実際の爪施術の現場で優れた成果を出しています。
爪の切り方等でお悩みの方、一度ご相談ください。

鍼灸接骨院 みなみ風

〒185-0012 東京都国分寺市本町4-7-5 Lシェイプ1F

アクセス JR中央線 国分寺駅 徒歩3分 責任者 品田 賢一 営業時間 午前 9:00〜12:00 午後 平日 15:00〜20:00 土曜 13:30〜17:00 日曜 13:30〜15:30 休診日 水曜日・祝日・第3日曜日

042-401-0834<予約制>

メールでお問い合わせ

▲ページ上部へ戻る

ご予約はお電話で042-401-0834 9:00~20:00

アクセス

インターネット割引

お知らせ

初めての方は必ずお読み下さい

実際に施術を受けたお客様の喜びの声

学生特別優遇制度

肩こり 腰痛 膝痛 辛い症状でお悩みのあなたへ

トリガーポイント総合療法

巻き爪でお悩みの方

フットケア

万が一交通事故に遭ってしまったら・・・・

朗報です!スポーツでケガをされた方へ!!そのケガは健康保険をご利用いただける事をご存知でしたか?

新感覚の美容法!「美容鍼施術」で内側から溢れ出す美しさを。

施術例

駐車場・駐輪場のご案内

営業時間
午前 9:00〜12:00

午後 平日 15:00〜20:00
土曜    13:30〜17:00
日曜    13:30〜15:30
休診日
水曜日・祝日・第3日曜日
所在地
〒185-0012 東京都国分寺市
本町4-7-5 Lシェイプ1F
アクセス
JR中央線 国分寺駅徒歩3分
電話番号
042-401-0834
責任者
品田 憲一

スタッフブログ